現在一部の記事の写真がリンク切れを起こしています。申し訳ありません。(そのうちどうにかします。)

【レビュー】ペンタックスK-1の超広角レンズを考える【フルサイズ】【評価】

【レビュー】ペンタックスK-1の超広角レンズを考える【フルサイズ】【評価】


こんにちは。うぃたです。
この記事ではPENTAX K-1 / PENTAX K-1 MarkII(ペンタックスのフルサイズ一眼レフ)で超広角レンズがほしくなった時に、
どのレンズを買えばいいのかということについて考えます。

持っている(持っていた)レンズ

私が所有したことのあるレンズは以下になります。

  • Samyang 14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical
  • Sigma 17-35mm F2.8-4 EX ASPHERICAL (DGではない)
  • PENTAX FA☆24mm F2 AL [IF]
  • PENTAX HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

ペンタックスのフルサイズで超広角レンズを考えると出てくるものを一通り通って来たんじゃないでしょうか…(笑)

以下ではそれぞれのレンズについて私がさわった感想などを書いていこうと思います。
あくまでも個人的な感想です。

Samyang 14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical

概評

いちばん長く使ったレンズです。この明るさ・焦点距離でありながら、価格が抑えられており、またコンパクトで比較的軽量に仕上げられており、コストパフォーマンスが高い製品といえると思います。記事執筆時点では一番長い間使ったレンズとなっています。レンズの後玉にマジックテープでフィルタをつけることで、様々なフィルタをつけて遊んでいました。

14mm, F2.8, MF, フィルタ×
– 中央画質: ◎
– 四隅: △~〇
– 歪み: △
– 周辺減光: ×~△
– 携帯性: ◎
– 丈夫さ: ×

手放した理由

何といってもレンズの不良です。他のサイトにも書かれているとは思いますが、このレンズは個体差が激しい製品です。私が買ったものは、購入当初はそこそこしっかり写っていたのですが、1年半使用した結果「片ボケ」があまりにもひどくなってしまいました。

上の画像は星を撮った写真の左右での像のでき方の差(同じ倍率)です。
左に比べて右がぼけているのがわかると思います。
最終的にはトリミングするか絞るかしないと使い物にならない感じになってしまったので、使わなくなってしまいました。
また、レンズの鏡筒部分がわずかにガコガコと動かせるようになってしまい、位置によっては無限遠が出ないことも出てきてしまったため、手放すことにしました。

Samyang 14mm F2.8を買う場合は、保証期間内にレンズの片ボケが少しでもないか、無限遠がしっかり出るか、鏡筒がガコガコしないかなどを確認することをお勧めします。

作例


Sigma 17-35mm F2.8-4 EX ASPHERICAL


※ニコン用の画像です。

概評

前述の14mmを持っているときに「もうちょっと狭めの画角で撮影したい」「フィルタつけたい」と思って中古で購入しました。「DG」がついているモデルの1つ前のモデルです。DG月のほうが画質が良いということでそちらが良かったのですが、私が買おうとしたときには見つかりませんでした。フィルタがつけれることもあり、14mmのお供に連れていくことが多かったですが、少しズームすると一気に開放が暗くなってしまうことからあまり使わなくなってしまいました。個人的には20mm付近を使いたかったのですが、この周辺ですでに開放がF3.5ほどになっていた気がします。あとフォーカスリングの回転角が小さく、リングも軽いため、ピントを合わせにくいのもありました。

17-35mm, F2.8-4, AF, フィルタ〇
– 中央画質: 〇
– 四隅: △~〇
– 歪み: △
– 周辺減光: △
– 携帯性: ◎
– 丈夫さ: △~〇

作例

Advertisement

PENTAX FA☆24mm F2 AL [IF]

概評

「もっと明るいレンズがほしい」ということで購入しました。が、パープルフリンジ・流れなどもひどいことから、夕景などの昼の風景を撮るのに主に使用しました。このレンズ、何とも言えないエモい色味を出してくれるのでそういう意味ではとても良いです。あと光条がきれいに出ます。

24mm, F2, AF, フィルタ〇
– 中央画質: ◎
– 四隅: △
– 歪み: △~〇
– 周辺減光: 〇
– 携帯性: 〇
– 丈夫さ: ◎

作例



PENTAX HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

概評

携帯性、フィルタがつかないこと以外は文句の付け所がありません。!正直最初からこれを買っておけば他のものを買うことはなかったんじゃないかとまで思っていますし、もっと早く買っておけばよかったとも思っています。重さとデカさは思ったよりも重くなく大きくなくといった感じです。K-1のボディにつけてみると意外としっくりきて、持った感じも悪くないです。中古で10万円ほどで購入しました。

15-30mm, F2.8, AF, フィルタ×
– 中央画質: ◎
– 四隅: 〇
– 歪み: 〇
– 周辺減光: ◎
– 携帯性: ×
– 丈夫さ: ◎

作例

まとめ

とにかく、PENTAX HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRをお勧めします! 高いですが、その質は間違いのないものです。長く使うことを考えるとこれが一番だと思います。それでも高いという場合はSamyangもいいですが、保証期間内にいろいろとチェックしてみることをお勧めします!

Advertisement

カメラカテゴリの最新記事