【絶景】炎と氷の島 アイスランド① 乗り継ぎでデンマークへ

【絶景】炎と氷の島 アイスランド① 乗り継ぎでデンマークへ

f:id:witalosk:20191208003556j:plain
Góðan daginn! Ég heiti Wita!

2019年11月末に、炎と氷の島、アイスランドに行ってきました。今回から数回に分けて、レポートが続きます。また後ほど、気力があればずーっと撮っていた動画をまとめる予定です。

なぜアイスランド

と皆さん思うかもしれませんが、これは僕が中学生の頃から行きたい国ランキングNo.1の国だったからです。
と言われても、なぜ?って感じですが、これは昔僕がiPod touchでやっていた「 アスファルト6 」という車のレースゲームにアイスランドのステージがあり、そこでのステージが美しかったので、興味を持ったというわけがあります。

youtu.be

空にはオーロラ、火山があって、氷の洞窟がある…
当時中学生だった僕はまんまとその罠に引っかかりました。

カッコいい…こんなゲームの中のような国があるのか…行ってみたい‼

そして今に至るというわけです。

成田空港からスタート

久々の海外にわくわく。最近はLCCばっかり乗ってたので、ターミナルのきれいさにひたすらWow!って言ってました。はい。

「なり太くん」も見送ってくれています。(誰やねん)

飛行機はSAS(スカンジナビア航空)。機内食ジャポニカ米が出てびっくり。日本のお米と日本家庭料理風に味付けされた豚肉の炒め物がメインでした。おいしかった。

Advertisement

コペンハーゲン

飛行機に乗ること11時間。デンマークの首都、コペンハーゲンにつきました。現地時間で17:00。

どことなくクリスマスムードが漂います。見切れてますが、バーキンがあってちょっと安心。そこら中にセブンイレブンもありました。一定エリアの国鉄(DSB / S-tog[エスト―])・地下鉄が乗れる24時間券を買ってDSBに乗りに行きます。

デンマークの電車

DSBにまず乗りましたが驚いたことがいろいろ。まず改札がない。「チケットいらねえじゃん」ってなりますが、時々見回りに来てその時に出せないと罰金らしいです。 あと時間が適当。電車の接近放送(「まもなく電車が来ます」的なやつ)が鳴ってから5~10分後に無言で電車が来ます。通過電車は結構なスピードなので怖い。ホテルに荷物を置いて市内観光。

市内観光

人魚姫像

あの有名な童話「人魚姫」の発祥の地がここらしいです。

はい。がっかりしましたか? ここ、写真で見るよりも実際見るとがっかりします(笑) 照明も暗く(ただでさえ町が暗い)、背後が工場地帯というね…
世界三大がっかり名所の1つらしいです。他はシンガポールマーライオンシンガポール)、ブリュッセルの小便小僧(ベルギー)らしいです。いつかコンプしたい!(ホント?)

Advertisement

フレデリク5世の騎馬像

すっげ~寒い街の中をお散歩していると,いつのまにかアマリエンボー宮殿とかいう宮殿に来ていました。なんでも国王とその家族が住んでいるらしく、童話の中から飛び出てきたんじゃないか的な格好をした騎士が銃を持って警備していました。お~コワ。見知らぬジャパニーズが騒いでいたらうっかり殺されそうなので、ひっそりと観光しました。

この宮殿を作った人らしいです。はえ~。っていうかここに来るまでデンマークが王国であることを知りませんでした()

飲食店に煽られた

コペンハーゲン市内にあった飲食店の看板です。

f:id:witalosk:20191217110950j:plain

Hungry? -> Yes.
Thirsty? -> Yes.
Lonely? -> YEEEEEEEEESSS!!!!

物価が高くてどこのレストランにも入れなくて、おなかペコペコだった我々にはクリティカル・ダメージでした。ちなみにこのレストラン、営業してませんでした。寂しさが飲み物で埋まると思うなよ。

ニューハウン

コペンハーゲンの中心部、ニューハウンではクリスマスマーケットを開催していました。町全体が暗く人も少ない中、ここだけは明るくて、人もたくさんいました。ホットチョコレートがうまそうでした。(高いけど)

スモーブロー

デンマークの料理らしいです。ライ麦パンの上にいろいろ乗せたオープンサンド。うまい。
72 DKK[デンマーク・クローネ] = 1,188円。たかい。

ちなみにマックのチキンナゲットは 20 DKK = 331円。これは意外と高くない。

Advertisement

チボリ公園

1843年に建てられた世界最古の遊園地らしい。古めかしい感じなのかなと思ったが、けっこう新しめのアトラクションもありました。そして日本ではまず見ないようなえげつない動き方をするアトラクションもいくつかありました。

いよいよアイスランド

一晩寝ていよいよアイスランドへ。wktk (古い)

ということでタイトル詐欺でした。次回からアイスランドの様子をお届けします。

次の記事↓


Advertisement

旅の記録カテゴリの最新記事