【絶景】炎と氷の島 アイスランド② 初日からオーロラを見た!!

【絶景】炎と氷の島 アイスランド② 初日からオーロラを見た!!

f:id:witalosk:20191221130312j:plain

あけましておめでとうございます。うぃたです。今回もアイスランドに行った話をしていこうと思います。

前回の記事はこちら↓

Wita
https://losk5s.com/entry/2019/12/17/111424
そんなに甘くない

ついに降り立った氷の島

デンマークから飛行機に乗ること2時間程。ついに降り立ちました。アイスランド。ここが念願の地かーと噛み締めながら空港内を進みます。f:id:witalosk:20200110013815j:plain

北欧のキャラクターのセンスってよくわからないんですよね…

空港出てきてこれだもんなあ…

Advertisement

物価チェック

空港内で物価をチェック。
ちなみにアイスランドの通貨は ISK(アイスランド・クローナ)

なんと大体1ISK = 1JPYという超わかりやすい仕様。

以下空港内での価格です。
コーラは…f:id:witalosk:20200110013804j:plain
1本(500ml) 289円!

サンドイッチは…f:id:witalosk:20200110013921p:plain
1個 1190円!!

まあ高いですね。ランチとかでも平気で3300ISKとか持ってかれるので、我々は元々スーパーマーケットを利用するつもりでした。

Advertisement

レンタカーを借りいざ!

レンタカー屋さんで国際免許証とパスポートを見せ、いざ氷の大地に繰り出します!

左右どちらを見ても見たことがない景色が広がるので、ついつい車を止めて景色を見てしまいます。

f:id:witalosk:20200110014117j:plain
何の変哲もない道路でこれだもの。やばすぎ。

きれーい!
まずは北上して スナイフェルスネス半島 へと向かいます。首都の上の半島ですね。 いろいろ集まっているので「ミニチュア・アイスランド」とも呼ばれているらしいです。魅力いっぱいの予感!!

おっと、その前に…

外食ばかりしていると財布がすぐにすっからかんになる気がしたので、スーパーマーケットに寄ります。

その名もf:id:witalosk:20200110181304p:plain

Bonus [ボーナス]
この度で数えられないくらい行きました。

安いんです。とにかく。

物価がやばいほど高いこの国で 日本のスーパーぐらいの価格 でものが売られています。f:id:witalosk:20200110182015p:plain

空港では300円くらいした500mLの飲料が100円くらいで売られています!!f:id:witalosk:20200110182150p:plain

缶ジュースとかは100円しない。

APPELSIN

f:id:witalosk:20200110182221p:plain

アイスランドでは超人気らしいこの炭酸ジュース。その名も APPELSIN。現地の言葉で意味するところは「オレンジ・みかん」。普通ですね。f:id:witalosk:20200110182548p:plain

最初スーパーで見た時はアブラがすごい浮いてて、結構困惑しましたが、美味しいです。これ。
この旅行中に何度かリピることになりました。

日本で飲みたいという方は以下を試すことをお勧めします。

ハイ、オランジーナです。多少味は違いますが、基本的にはこの味に似ています。

どうでもいいですが、このBonusの駐車場から見る朝焼けが湖に反射して美しかったです。

Ytri Tunga

ここは野生のアザラシがいるビーチとして有名らしいです。若干疑心暗鬼になりながらも進みます。f:id:witalosk:20200110014325j:plain

看板によると少しばかりピークは過ぎてそうな感じ。
「いねーじゃん」
と誰もが思っていたのですが、、、f:id:witalosk:20200110015334p:plain
あっ… f:id:witalosk:20200110020042p:plain
ん??
あれ…?f:id:witalosk:20200110015500j:plain
いたーーーーー!!
(200mmの望遠でAPC-Sサイズにクロップして撮りました)

ということで、少し遠くにいました。
近くにいるときはもっと近くにいるらしいです。

そしてなんだかんだで1時間ぐらい居ちゃいました。

Advertisement

Port Arnarstapi

f:id:witalosk:20200110184138p:plain

続いて立ち寄ったのはこじんまりとした港です。

正直そんなに期待していませんでしたが… 美しすぎる!!

港とは逆のほうが個人的に気に入ってしまいました(笑)

荒野の中の家、夕日に照らされる山々、その奥の雪山(氷河らしいです)、サイコーです!!

Rauðfeldsgjá ravine

続いてはこちら。Rauðfeldsgjá ravineです。読み方はよくわかりません。

ただの岩に見えますが…

近寄るとデカイ。マジで。

そしてなんとここ、

岩の隙間に入れます。

GoogleMapのレビューには「長靴必須」と書いてありますが、トレッキングシューズで進む我々。小川をぴょんぴょんと飛んでいきます。ここは本当に神秘的です。足はびしょびしょに濡れますがおすすめです。

Advertisement

Djúpalónssandur beach

一日の最後は、ビーチで夕日です。

みなさん、お気づきですか?
ここまでずっと空がオレンジ色ですね。それもそのはず。我々が行ったのは11月の終わり。冬至が近い。ということで日の出は10:00頃、日の入は16:00頃なんです!またそれに伴い南中高度がとても低いんです。 なんちゅう高度だ!! なので朝焼けと夕焼けが合体して大体いつも(晴れてれば)エモい空の色をしています。

ということで15:50分頃に着きましたが、夕日でした。きれーい。

Kirkjufellsfoss

さて日没後すぐにここに向かいました。

アイスランドといえば!で想像する山ですね。この時間にちょうど雲が出てきてしまったので微妙。なんでこんな形の山になるんだ。

オーロラ観測に出かけよう!

いったん宿に行きます。今夜の宿は「Lágholt apartments」さん。とっても広くてきれいでルームチャージだったので大人数で止まる場合はおすすめです。

腹ごしらえしてから、オーロラ観測に出かけることに。

きた!!!!!

車で移動していると、すでにオーロラが出ていることが判明。
超興奮しました。

最初は薄いものの…

だんだん強くなり…

これがいい感じ。

そしてもっと強くなり!!

空全体に広がって終わりました。

オーロラがデカすぎて困るとかいう贅沢な悩みを感じました笑

ということで、今回はここまで。(1日しか書けてないじゃん…)

お知らせ

動画作り始めました!アイスランド旅行の雰囲気を伝えられればなあと思っています。
乞うご期待!!(まだ始めたばっかり)

Advertisement

旅の記録カテゴリの最新記事